インタービーイング

india00-1024x522

 もしもあなたが詩人なら、この紙のうえに雲が浮かんでいるのが、はっきり見えることでしょう。雲がなければ雨は降りません。雨が降らなければ、木は育ちません。そして木がなければ紙はできないのですから、この紙がこうしてここにあるために、雲はなくてはならないものなのです。もしここに雲がなかったなら、ここにこの紙は存在しません。それで雲と紙はインタービー(相互共存)しているといえるのです。「インタービー」という言葉はまだ辞書に載っていません。それで「インター」という接頭語を、動詞の「ビー」につけて、「インタービー」という新しい言葉をつくりました。
この紙をもっと深く見ていたら、この紙のなかに太陽の光も見えてきます。太陽がなければ森は育ちません。実際、太陽がなければ、何も生きてゆくことができません。それで太陽もまた、この一枚の紙のなかに存在していることがわかるのです。だから、この紙と太陽も「インタービー」しているのです。もっと深く見つめてみると、木こりが見えてきませんか。木こりが木を切って製紙工場に運び、紙がつくられます。そのうちに小麦も見えてくるでしょう。木こりは日々のパンがなければ生きられないので、木こりの食べるパンになる小麦も、またこの紙のなかにあるわけです。それから木こりの両親も見えてきますね。このようにどんどん深く見てゆけば、数えきれないほどたくさんのものがあってはじめて、ここに一枚の紙が存在するということに気づくでしょう。
もう少しこの紙を見ていると、私たち自身もこの紙のなかに見えてきます。ここに自分を見つけるのは、そうむずかしいことではありません。というのは、私たちが何かを見るときには、視覚という知覚作用を働かせなければ見えないからです。だから、あなたのこころも、私のこころも、ここに参加しているのです。この一枚の紙のなかには、あらゆるものが入っているのです。ここにないものをひとつでも捜すことはできません。時間、空間、地球、雨、土壌のなかの鉱物、太陽の光、雲、川、熱……すべてのものが、この一枚の紙のなかに共存しているのです。だから、ぜひとも「インタービー」という言葉を辞書に入れてほしいと思うのです。「ここにある」とは「ともにある」ことです。私たちが、あるいは、何かのものが、ただ自分だけで存在するということはありえないのです。私たちは、ほかのすべてのものとともに存在しているのです。一枚の紙がここにあるのは、ほかのあらゆるものがここにあるからなのです。
いま挙げたなかの何かひとつでも、もとに戻してみたらどうなるでしょうか。太陽の光を太陽に返してみましょう。そうしたら、この一枚の紙は存在するでしょうか。いいえ、太陽の光がなければ何ものもありえません。そして、木こりを母親に戻してみても、この一枚の紙はここには存在しなくなります。要するに、この一枚の紙は紙以外のあらゆるものからできているのです。もし紙以外のすべてのものを、もとのところに戻してしまったら、紙は存在しないのです。紙でないもの、こころや木こりや太陽の光などがなければ、紙も存在しないのです。ここにあるのはこんなに薄い一枚の紙切れなのに、このなかには宇宙に存在するものすべてが含まれ、共存しているのです。(以上抄出)
『微笑みを生きる』 ティク・ナット・ハン著(春秋社)

ティク・ナット・ハンはベトナム出身で、現在フランス、アメリカ、オーストラリアを中心に活躍している禅僧、詩人、そして静かな平和運動家です。彼はベトナム戦争のさなか、戦禍をくぐりながら「行動する仏教」(Engaged Buddhism)を提唱しました。非暴力に徹して戦争の終結を祈り、人々と共に行動した経験から命名された運動です。 私は彼の著書に触れて大いに心動かされ、このサイトの名前を「インタービーイング」といたしました。
垣間見ただけですが、インドのカースト差別と解放運動、ポーランドのアウシュビッツ強制収容所のおぞましい記録を目にしてきました。思い出す度に改めて思い返します。「ともにあること」を忘れない者でありたいと。

JISOJI Yutaka