トレブリンカにて

IMG1_0016

3月22日(日)晴。午前1時半からジジは目が覚めて眠れない。ビールが軽いせいもあるが、もう一つは今日の目的地がトレブリンカ強制収容所跡見学だからだ。そう、あのコルチャック先生と200人の孤児達も運ばれて殺された所なのだ。
ヤヌッシユ・コルチャック(1878年~1942年)。ユダヤ人一家出身のポーランドの医師で作家、教育者でもある。本名ヘンリク・ゴールドシュミット。「子どもの権利条約」は彼の著書「子どもの権利の尊重」をもとに生まれたのだ。
映画になった「コルチャック先生」では、小児科医、孤児院院長として多忙な生活を送っていたコルチャック先生が、ナチスのユダヤ人の絶滅収容所に送られるまでを描いている。友人の援助で圏外に逃亡することもできたのだが、200人の孤児を助けることができないことがわかった時、彼は愛する子どもたちとともに「死の行進」の先頭に立ったのだった。
IMG1_00156時に洗顔して7時半の朝食。快晴。しかし外は冷たい。8時半出発。ワルシャワからトレブリンカまでは80㎞。雪が残る。昨日はトルコにもギリシャにも雪が降ったという。「エジプトの暖房は何でしょうか」とみやさん。黙っていると「カイロです」とくる。「この道はどこに行きますか」ときた。これは「ローマ」が正解だ。全ての道はローマに通ず。
トレブリンカ8㎞前で、バスが鉄道の踏切前で遮断機に止められた。この道もローマ行きかと思ったら、なんと列車線路を自動車が走って来た。一部の線路を道路と併用しているのだ。
雪が深くなる。森が迫ってくる。ちょっとした雪の広場と小さな建物が駐車場と事務所だった。トイレは鍵がかかって使えない。そこらの森林の雪をクレバスにして思い思いの絵を描いた。
入場料1.00ズオティ。日本円で約40円。写真が並ぶ。窓ガラスの代わりに有刺鉄線が張られた強制輸送列車からのぞいている顔が痛々しい。
林の道を歩くと突然林が切れて石の説明碑が現われた。その向こうには石で作られた線路の枕石が森の奥へ奥へと続いている。60両編成の貨物列車にユダヤ人がこぼれるように積み込まれて運ばれてきたという。ここは絶滅収容所で40万人がガス室で殺され、壕を掘って死体を投げ込み積み重ね埋められた。墓標がわりの等身大の自然石が1㎞近く等間隔に置かれていた。折からユダヤの修学旅行生の一行が大きな旗を持って線路伝いにやってきて熱心に説明を聞いていた。
ポーランド人のパメラさん姉妹が熱心に説明してくれる。23歳と20歳ということだが、この年代でこうした説明ができるのは日本では信じがたい事だ。虐殺と戦争の歴史の直視、そして平和と自由への思いがそれだけ強烈なのだとジジは思った。

 雪原や無言で語る石碑群

euro04「1942年7月から43年8月までに、ポーランドのユダヤ人だけでなく、ソ連、ユーゴ、チェコ、フランス、ドイツ、ギリシャなどからのユダヤ人を含めると80万人以上が殺された。43年8月2日には武器を持って対抗しようとしたが、果たせなかった。2㎞先には強制労働キャンプがある。ここでは1万人のポーランド人が40年から41年に殺された」
説明文をオリビアさんが読んでくれた。
2㎞先のキャンプ跡まで歩いてみることにした。道には雪が残り、強い風が吹く。石碑群にそって黙々と歩く。雪を踏む足音だけが響いた。
キャンプ跡は長さ1㎞程に幅500m、深さは10mほどの壕になっていて、雪と松の木があるだけだった。ここまでの2㎞の道を裸足で歩かされ、途中で沢山の人が凍死した。倒れたものはどんどん殺された。15歳くらいの女の子が1週間でおばあさんのようになった。パメラさんの話をみやさんが語ってくれた。

残雪のトレブリンカを半里行く

雪半里裸足の行進子ら思う

ガス室跡を右に見て、子ども達とコルチャック先生も運ばれた線路跡を戻りながら、片道切符で死の旅に追いたてられた子ども達、老人達、若者達そうした弱い立場にある人達のうめき、そして人間の恐ろしさを知った。「戦争は最大の差別である」という言葉を膚で実感したジジだった。

子ども等とコルチャック先生雪の下

降る雪やトレブリンカよ平和なれ

21遅い昼食のポーランド料理を食べて市街観光。コペルニクス像、その前に立つショパンの心臓が祀られている聖十字架教会。ここにはポーランドを代表する作家や詩人の墓碑も祀られていて、参拝者が絶えないという。この日もミサに人が溢れ、敬虔な祈りが続けられている所を見学させてもらった。さらにショパンの住んでいた家、無名戦士が眠るサスキ公園、オペラ座、ミツケビッチ像、旧市街を取り囲むバルバカン城壁などなど美しい眺めを見て、18世紀の・街並みを復元した旧市街市場広場に行く。
広場を取り囲むカラフルな家並みは、第二次世界大戦でほとんど破壊された。復元には精密な風景画などを参考にしたというが、とにかく比べようがなく美しい。屋根の彫刻などもいつまで見ても飽きない眺めだ。門司港がレトロ観光を目指しているが、とてもとても足元にも及ばない。
夕闇迫るころクラコウヘ300㎞の道を走る。速度制限60~70㎞、片側1.5車線という変則道路だ。20時前いきなり「ねずみ取り」にひっかかった。26㎞オーバーだという。罰金60ドルと言うのを子どもが居るからと40ドルにまけさせたそうだ。その後もゆっくり急いで21時57分クラコウ着。「世界遺産」認定第1号の街、ポーランド王国の古都だ。

shadow