東欧の旅

東南中欧奥の細道ハプニングツアー一行。中央斜に構えるはみやこうせい氏。
東南中欧奥の細道ハプニングツアー一行。中央斜に構えるはみやこうせい氏。

’98年3月、「みやこうせい氏と行く“東南中欧 奥の細道 ハプニングツアー”」に参加した。主な目的はポーランドの「アウシュビッツ強制収容所」を実際にこの目で見てくることと、“古き良き中世の化石”ルーマニアのマラムレッシュ地方を訪れることだ。
みやこうせいさんは、一年の多くをヨーロッパで過ごし、自らを“ルーマニアック”と称す文筆家であり、また写真家でもある。みやさんのおかげですばらしいしツアーが体験できた。
今回の旅に同行していただいた渡部英隆さんが、歌心あふれる素敵な紀行文を書かれている。ご厚意によりここに全文を掲載させていただく。

YouTube “東南中欧 奥の細道 ハプニングツアー”
shadow